Top

アイメソフトのマルチモーダルAI研究チームが、法令解析国際会議にて最優秀賞を受賞!


アイメソフトのマルチモーダルAIラボ(AIMAI Lab)の研究チームが、2021年法令解析国際会議(Automated Legal Question Answering Competition ALQAC 2021、以下「ALQAC 2021」)にて一位を獲得し最優秀プレゼン賞を受賞しました。

                                                     img

 

ALQAC 2021は、法令、法律に関する質問に自動的に素早く答えられるAIソフトウェアの研究開発を促進する目的で、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)が主催し、第13回ナレッジシステムエンジニアリング国際会議(KSE 2021)にて共催された国際会議です。

本会議において、弊社の研究チームは、法令テキスト含意解析(Legal Textual Entailment)のタスク部門で最優秀賞(一位)、法令文書検索および法令質問応答(Legal Document Retrieval and Legal Question Answering)のタスク部門で二位を獲得しました。また、同時に最優秀プレゼン賞を受賞しました。

法令テキスト含意解析タスクでは、前提となる法令テキストドキュメント集合と判定対象の結論文があり、出場チームは、その意味を解析し、結論文が前提ドキュメント集合から導かれるかを自動的に判定する必要があります。
法律文書検索タスクは、入力されたキーワードやクエリについて、関連する法律ドキュメントを検索することです。
さらに、法令質問応答のタスクでは、法令文書検索モデルと法令テキスト含意解析モデルを組み合わせて、法令質問にyes/noで回答します。

アイメソフトは、法令文書の構造的特徴を解析することによって、高度なデータ拡張やテキストマッチング手法を使い、自動判定のタスクを解決するためのニューラルネットワークモデルの精度を向上しました。本会議では、この手法が有効であったことが示された結果だと考えます。

 

[研究チームリーダーコメント]
AIMAIラボのディレクターで、本会議にてアイメソフトの研究チームを率いたPham Minh(博士)は「今回の受賞は非常に名誉なことだ。今後も法令分野での研究を他言語にまで拡張し、法令文書処理の研究分野にて、さらに貢献していきたい」と意気込みを語りました。
Pham Minh (博士) は、これまでも自然言語処理(NLP)分野において数々の優れた賞を受賞しており、VLSP 2018およびVLSP 2020のワークショップでは、彼の率いる研究チームが固有表現認識(NER)の優秀賞を受賞しています。

 

[AIMAIラボの取り組み]
AIMAIラボは、自然言語処理、音声処理、画像処理、データマイニング技術などのマルチモーダルAI技術やアプリケーションの研究開発に専念する、アイメソフトの研究ラボラトリーです。AIMAIラボの中でも特に法令文書解析を中心とした研究を行うチームが本会議で利用した技術は、既にアイメソフトの法令文書解析プラットフォーム「AimeLaw」に応用されています。
「AimeLaw」は、日本語、ベトナム語、英語に対応した、法令文書専門の解析プラットフォームです。法令テキスト解析では、関連する法令の条項の自動抽出、検索、含意関係の移動推論、案例検索、条項引用解析などが可能です。

また、弊社が既に保有している「AimeFluent」というチャットボットシステム及び「Aimelytics」という予測分析プラットフォームと、「AimeLaw」とを組み合わせて利用することで、法令の自動要約、法令QAに関するチャットボット、案例統計の分析なども可能になります。

マルチモーダルAIの研究開発およびサービス販売を展開するアイメソフトは、これからも革新的な研究開発を継続し、その応用技術を各種業界の発展に寄与できるように、研究開発を進めていきます。

 

詳細は、こちらをご覧ください。=> CLICK HERE